Safety management交通運輸事業安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針(両備グループ共通)

両備グループ安全宣言

社会正義の経営方針に則り、交通運輸各社は、「運輸安全マネジメント」に基づき、「安全」を最優先とし、「日本一安全な運輸企業」を目指して頑張ることを宣言します。

2007年4月1日

両備グループ代表 小嶋 光信

活動方針
両備グループ安全マネジメント委員会を中心に、労使参加で、より現場に密着した効果的な活動を展開し、目標である「日本一安全な運輸企業」を目指します。
※SSP-UP
S=Safety & Security(安全)
S=Service(サービス)
P=Productivity(生産性)
UP=(向上)
安全方針
  1. 安全運転(運航)を第一とし、法令順守し、基本に忠実に日々業務を遂行すること。
  2. 車両(船舶)の整備を的確に行い、始業点検を厳正に行なうこと。
  3. 点呼において、日々安全への啓蒙、関心を高めること。
  4. 教育を通じて安全意識を常に涵養すること。
  5. 万が一重大事故の場合、人命尊重を第一に対処し、速やかに上司、関係機関への連絡をとること。

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

両備グループ安全マネジメント組織

輸送の安全に関する計画(両備グループ共通)

両備グループ交通安全日の制定
毎年7月31日
両備グループ交通安全月間の制定
毎年7月の1カ月間
SSP-UP技能コンテストの開催
年1回開催

スローガン

高めよう!プロ意識 〜 基本動作の徹底
深めよう!コミュニケーション 〜 注意しあえる職場づくり
根絶しよう!ルール違反 〜 知行一致がプロの証(あかし)

両備グループ安全マネジメント委員会スローガンのイメージ画像

両備交通四悪 絶対禁止!

両備交通四悪 絶対禁止

乗務担当社員として必ず守るべき三原則

信頼の確保

  • ・基本に忠実な運行(運航)で技術の向上
  • ・正確な業務知識
  • ・確実な行程確認、定時制の確保

安全の確保

  • ・人命第一、負傷者救護の最優先
  • ・道路交通法の正しい理解と遵守
  • ・法定速度、イエローストップの遵守

健康の確保

  • ・健康セルフチェックの励行
  • ・過労防止(適度な運動と睡眠の確保)
  • ・正しい食&飲酒習慣で健康管理
  • ・違法薬物の追放