Message代表メッセージ

2022.11.25NEW

RQC活動 第10回発表会が和気あいあいで開催!

両備グループ
代表兼CEO 小嶋光信

両備グループでRQC活動を再開して早や第10回の発表になり、経営サポートカンパニー2組、両備バスカンパニー3組、岡山電気軌道1組、岡山交通と両備タクシーセンターチーム1組、両備トランスポートカンパニー2組、両備システムズ1組、岡山三菱ふそう販売1組、両備テクノモビリティーカンパニー1組の計12組と発表サークル数も今回は最多となり、だんだん賑やかになってきました。

何と今回の岡山電気軌道のサークルは成田委員長率いる労働組合のサークルで、これはキッと、日本初、世界でも初の労組のQCサークルではないかと思っています。両備グループの労使強存、強栄の真骨頂と言えるでしょう。両備の労使は素晴らしい!

QC手法は製造業やソフト産業などの数値化出来る部門はやりやすいですが、サービス業などの数値化できないところも知恵を絞って、ブレインストーミングやKJ法を駆使して客観的な分析と検討になるように大分手馴れてきたと思います。

大事なことは、PDCAのサイクルを回し続けることで、目標を目指し、目標が出来れば新たな目標でやり遂げるまでやり切ることが大事です。

得てして目標が出来ると自己満足してPDCAのサイクルを止めてしまうケースが多いのです。事業の変革のPDCAで見てみると、例えば家電でも業績が回復すると改善、改革の手を緩めてしまう企業と、業績が回復しても事業の改善、改革のPDCAを回し続けて、製造業からソフト産業、アミューズメント産業に進化していった企業と大きな差がついてきています。

今回も発表サークルはどこも素晴らしく、無理やりやらされている感が強かった第一期で途中辞めになったQC発表ではなく、第二期のこのRQCの活動は職場で皆さんが共通のテーマで忙しい時間をやり繰りしながら進めている活動で、発表も和気あいあい後明るく楽しい発表会であることが大変うれしく思いました。RQCの事務局の「縁の下の力持ち」にも感謝です。

仕事の改善・改革を客観的に分析して品質や課題の解決に役立つツールとしてはQC手法に勝るものはなく、これが一番です。

また、チームづくりや活動で、職場での共通の課題を解決するという達成感でエンゲージメントアップにも大いに役立つと思います。

是非参加していない各社、カンパニーや部門も積極的にRQCに参加してください。

RQC活動 第10回発表会 審査結果
  会 社 名 サークル名
1 金賞 両備HD㈱両備バスC
玉野営業所
Teamしょうちゃん’ s
2 銀賞 岡山交通㈱ ・両備タクシーセンター
岡山両備タクシー
Daisy(デイジー)
3 銅賞 両備HD㈱両備経営サポートC
創夢本部
6時だヨ!全員終業
4 特別賞 岡山三菱ふそう自動車販売㈱
岡山東支店
4P10+(よんぴーてんぷらす)
5 審査委員長賞 ㈱両備システムズ
ビジネスイノベーションカンパニー
インダストリービジネス
事業部流通グループ有志
6   両備HD㈱両備バスC
西大寺営業所
西大寺って117(いいな)
7   両備HD㈱
両備テクノモビリティC  岡山工場
深コミュ
~深めようコミュニケーション~
8   両備HD㈱両備トランスポートC
津山支店 国分寺営業所
KSPT(けーえすぴーてぃー)
国分寺営業所サ-ビス部品チーム
9   両備HD㈱両備経営サポートC
人財本部
イチ・ニ・サン!
10 努力賞 岡山電気軌道㈱
労働組合
Shinin 遇☆ (しゃいにんぐ~)
11   両備HD㈱両備バスC
岡山営業所
エアロエース両備岡山
12   両備HD㈱両備トランスポートC
岡山支店 岡山中央物流センター
やっぱりオムロン!

会長特別賞 1、審査委員長賞 1、努力賞1、金 1、銀 1、銅 1、参加賞 6


両備グループ

一覧に戻る