Message代表メッセージ

2018.09.28

ワンダフルセトウチ/DISCOVER WEST連携チームが準グランプリ
ツーリズムEXPOジャパン2018

両備グループ
代表兼CEO 小嶋光信

昨年の「ツーリズムEXPOジャパン2017」で実行委員長賞として特別に表彰いただいたワンダフルセトウチ(両備グループを事務局とし瀬戸内圏内の自治体が集結した連合体)とJR西日本(DISCOVER WEST 連絡協議会)の連携チームが、今年は晴れて“準グランプリ”に輝きました。

昨年はワンダフルセトウチとJR西日本が同居のような雰囲気でしたが、今年はおそろいのシャツに、JR西日本のステージでの多彩な催しとワンダフルセトウチの各自治体や事業者の皆さんの商談会や体験コーナーと地元の美味しいお酒の試飲と名産品の試食などが上手くマッチングして、多くの皆さんに楽しみながら瀬戸内を感じていただきました。

昨年から会場内最大面積のブースとなり、今年は本当に会場の真ん中でドンと大いに目立つ存在になりました。

出展の皆さんや事務局の両備Gワッショイサポート部隊の皆さん、大変ご苦労様でした。

早速松田副社長から、グランプリの韓国とともに、準グランプリは観光メジャーな沖縄とハワイに並んで我らのチームが受賞!と報告があり、その際の「ハワイと沖縄と肩を並べたのが嬉しいです!」との素直な感想が印象的でした。

来年は初めての大阪での開催。グランプリに向けて“いざ発信!”

※「ツーリズム EXPO ジャパン 2018」
公益社団法人日本観光振興協会、一般社団法人日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)は、3団体が主催する世界最大級の旅の祭典。9 月 20 日(木)~9 月 23 日(日・祝))の4日間にわたり、東京ビッグサイトを会場に開催されました。世界136か国の国と地域から1441の企業・団体が出展し、過去最高となる207,000人(4日間合計)が来場しました。


※「ツーリズム EXPO ジャパン」ブースグランプリとは
各出展ブースの中から来場者、関係者、出展者からの投票により、展示会を盛り上げたブースを選出し、表彰。グランプリ(1 出展者)、準グランプリ(3 出展者)、特別賞(1 出展者)の全5団体が選出され、受賞団体には記念盾、賞状などに加え、来年の「ツーリズム EXPO ジャパン2019」のブースが提供されます。   
(以上、ツーリズムEXPOジャパンWebサイトより)

両備グループ

一覧に戻る