Message代表メッセージ

2008.04.20

スーパー駅長“たま”の駅長室 竣工式あいさつ

和歌山電鉄 社長 
小嶋光信

本日はスーパー駅長たまの駅長室竣工に、紀の川市長・中村愼司様はじめ、県・市や行政の皆様、貴志川線をサポートしてくださっている市民運動の皆様、たまちゃんファンの皆様のご出席を心から御礼申し上げます。
夕方には、たまちゃんの大ファンでいらっしゃる和歌山市長・大橋建一様も、駅長室を見に来ていただけるようで感激しています。

たまちゃんは今年1月5日に、昨年一年間の売り上げを約10%くらい伸ばすという素晴らしい業績貢献により、平社員から課長職の『スーパー駅長』に昇進しました。普通ですと昇格に伴う昇給をするのですが、報酬を「えさ」で払っていることから、少しメタボ気味で健康に留意するため、特別に駅長室を新設するということで、今日の竣工式になりました。
ちなみに弊社には社長にも社長室という個室はありませんので、たま駅長は別格です。

当初、そうは約束したものの、元赤字路線の再建途上である地方鉄道ですから、駅長室の建設資金をどう捻出するか、思案投げ首だったのです。
しかし、さすがに福招きのたまちゃんです!
昇格発令の数日後にDVDの映画に出演が決まり、なんと自分で稼いで造ってくれました。

駅長室の工事費も和歌山電鉄技術課・宮井澄雄さんが得意の大工の腕を奮ってくれて、破格に安く造ることができました。
スーパー駅長のたまちゃんが役務で疲れたときに、ほっとひと休み出来、リラックス出来る駅長室になれば幸いです。

また、今日は、今回の駅長室デザインもご担当いただいた、いつも大した仕事にならないのに、我がことのように和歌山電鉄をデザイン面でサポートしてくださっている両備グループデザイン顧問の水戸岡鋭治さんも、東京から駆けつけてくださいましたので、プロデュースいただいた、『スーパー駅長たま』のキャラクターの発表会も併せてさせていただきたいと思います。
今日からは、配布している時刻表もスーパー駅長たまちゃんのキャラクター付です。

全国のみなさまも、ぜひスーパー駅長“たまちゃん”に会いに、貴志川線ご利用の上、貴志駅に来ていただき、たまちゃんとともにこの和歌山電鉄をしっかり支えていただけたら幸いです。


(special thanks:このページに掲載の写真は竹本 仁氏が撮影してくださったものです)

和歌山電鉄

一覧に戻る

キーワードで探す