PERSON
両備ホールディングス株式会社 両備テクノモビリティーカンパニー
阿部 瑞己
メカニック職 / 入社

幅広い車両に携われるのが両備の魅力!

現在担当されている業務内容をおしえてください。

車検と定期点検を主な業務として担当しています。また、突発的な臨時修理や出張作業での修理も行なっています。倉敷工場は地元スチール関連会社様が近いこともあり、構内車を整備することもあります。朝、出社をした後は、窓口担当と一日のスケジュールについて話し合いを行ない、作業が始まります。突発的な修理車両が入庫され自身が対応する場合は、他の担当者にどこまで作業を行なったか、欠かさず報告を行ない引き継ぎをするよう、心掛けています。

阿部さんが両備のメカニック職を選ばれた理由をおしえてください!

シンプルな理由ですが、多種多様な車両があること、そして大型車両をメインとして整備していることに最初は興味を持ちました。また、入社後に積極的に整備の経験が積むことができる職場環境と聞いたため、入社後の成長スピードも早いのではないかと考えました。こうした、他社とは異なった点が両備のメカニック職にはたくさんあると感じたこともが、入社の決め手となりました。

実際に仕事をされる中で、どのようなことがやりがいですか?

私の業務は、構内車に触れる機会が多いため、整備をする内容が多岐に渡ります。そのため、技術面についての上達が早いことや、幅広い知識が身に付く事にやりがいを感じます。重整備がメイン担当であるため、修理後はお客様の安全をサポートできているという安心感でいっぱいになります!

お客様の安全をしっかりと守る大切な仕事ですよね!仕事の中で大切にしていることはありますか?

車両の整備業務は、「お客様の命を乗せて走る車両」の作業であることを忘れてはなりません。私は、このことを何よりも大切に考えています。そのため、ボルトの締め忘れや工具の置き忘れなどに十分注意して、日々職務にあたっています。そして、お客様に安全・安心をお届けするため、複数回に渡る徹底した確認作業を欠かすことはありません。十分な安全が確認されてから、完了報告書を提出するよう、心掛けています。

ありがとうございます。最後に、阿部さんの今後の夢や目標をおしえてください!

両備で取り扱う車両は、「特殊車両」と呼ばれるものがとても多いのが特徴です。そのため、通常であれば故障しづらい箇所でも壊れていること、整備が必要になることがあります。そしてそれは、今までの知識だけではわからないこともあり、整備の作業を通じてたくさんの学びがあります。様々な整備の経験を積み重ねながら、将来は素早く、そして的確に判断ができる整備士のスペシャリストになることが、私の夢であり目標です!

Oneday Schedule
ある日のスケジュール

 8:30出社
出社後、朝礼を行ないます。
9:00打ち合わせ
受付窓口の社員と当日の作業について打ち合わせを行ないます。
 
 10:10車検・点検修理
担当する車両の車検や点検を行ないます。
12:00昼食
 
 12:45故障車の修理
臨時故障の修理を行ないます。
15:00休憩
適宜、休憩をとりながら作業を行なっています。
 
 15:10出張作業での修理
お客様先へ出張し、整備作業を行ないます。
17:15日報作成
 
 17:35退社

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます