PERSON
岡山交通株式会社
毛利 仁美
総合職・エリア総合職 / 2020年入社

また利用したくなる。安心と信頼のタクシーを提供したい

現在、毛利さんが担当されているお仕事内容をおしえてください。

主な担当業務は電話によるタクシーの手配業務です。タクシーは個人のお客様だけでなく、飲食店やスーパー、病院、ホテルなど様々なお客様にご利用いただいています。それぞれのお客様のご要望に沿って、タクシーを素早く正確に手配します。また、日常の移動だけではなく、妊婦の皆様が安心して出産に臨めるための「こうのとりタクシー」や、お子様が一人でも安心してご乗車できる「おこさまタクシー」、お客様の代わりにお買い物をする「おつかいタクシー」などのサービスも承っています。

そんなにたくさんのサービスがあるのですね。覚えることも多そうです。苦労したエピソードなどはありますか?

初めて岡山を訪れたお客様の電話応対をしたことです。その方は岡山の地理も住所も全く分からなかったため、場所を特定することが非常に困難でした。近くにある建物やお店、電柱に書いてある住所などの情報から、徐々に場所を特定し、最終的には、お客様のご要望の場所にタクシーを手配することができました。タクシーの手配に必要な情報を掴むには、お客様から教えていただくヒントが重要になります。一番大切なことは、お客様の声に耳を傾けることであり、それは、その後の業務にも生かすことができています。

顔の見えない接客だからこそできることがある

電話というと難しいイメージもありそうですが、日々の業務の中で感じるやりがいや魅力についておしえてください。

一番のやりがいは、お客様に喜んでいただけることです。お客様から「いつもありがとう」「私はこれからも両備さんのタクシーを使いたい」というお言葉をいただいたとき、自分の仕事がこんなにも誰かの役に立っていたのだと心から実感でき、電話応対も立派な「接客」であると感じています。電話での会話を通じてタクシーを手配することは、お客様の生活に大きく関わっています。両備グループのタクシーを選んでご注文いただけるお客様に対して、正確に手配し、お客様が目的の場所にスムーズに到着されること、リピートして利用いただけることが一番の喜びであり、やりがいです。今後もタクシーの手配を通じて、地域の方々の生活を支えていきたいです。

タクシーは、地域の方にとってなくてはならないインフラの1つですね。日々、お客様と向き合う中で大切にしていることはなんでしょうか?

常に、お客様が「何を求めているか」を考えながら、仕事に取り組むことです。どれだけ良いサービスを提供したとしても、それがお客様の求めるサービスでなければ、意味がないものになります。「自分がこうしたい」ではなく、「お客様はどうして欲しいのか」を考え、心の声に耳を傾け、行動することが、仕事をする上で私が最も大切にしていることです。そのことを体現することが、お客様に喜んでいただける言動や、職場内での円滑なコミュニケーションに繋がっていくのだと思います。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

社会人になるということで、不安なことがたくさんあると思います。しかし、社会に出れば、経験豊富で頼れる上司や先輩がたくさんいますので、安心してください。学生の間は、自分のやりたいことに挑戦できる機会がたくさんあると思うので、「自分はこれだけは誰よりも頑張った!」というものを見つけておくと、その経験が社会に出たときにもきっと役に立つのではないかなと思います。就職活動は、大事な人生の選択の1つです。悔いのないように頑張ってください。もし両備グループに入社したら、一緒に頑張りましょう!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Onday Schedule
ある日のスケジュール

 7:00出社、朝礼
業務の引継ぎや今日の注意事項などを確認します。
10:00電話応対
買い物や病院に出かけられるお客様が多く、たくさんのご注文をいただきます。
 
福祉車両の手配
足が不自由なお客様が、車椅子のままご乗車していただける福祉車両の手配を行なっています。
 
 13:00昼食
休憩室で楽しく会話しながら先輩や同僚と昼食をとります。
14:00電話応対
午前中と同様、タクシーの手配を行ないます。午後は外出先から移動されるお客様が多いため、お迎えの場所を正確に特定することが求められます。
 
無線オペレーター研修
乗務担当社員と連携をする無線オペレーターの勉強中です。道に迷った乗務担当社員の誘導や交通情報の発信など、運行のサポートをしています。しっかりと覚えて自分のものにしていきたいです。
 
 16:00退社

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます