PERSON
両備ホールディングス株式会社 両備バスカンパニー
藤原 侑亮
総合職 / 2018年入社

仕事の幅を自分で決めない。置かれた場所で全力を尽くす

藤原さんは異動を経て今の部署で仕事をしていると聞きました。今されている仕事内容をおしえてください。

大きく2つの仕事をやっています。1つは、路線バスの管理業務です。これは、路線バス運行のための書類作成、データ分析などを行なっています。もう1つは、SNSの管理です。主に、InstagramとFacebookで両備バスの魅力を発信しています。

お客様の声に支えられ、社会への貢献を実感できる仕事

いろんな業務を経験されていますが、今最も感じている「やりがい」をおしえてください。

「お客様の足を支えている」と感じられる機会に触れることが、私のやりがいです。難題も多く、なかなか解決できず壁にぶつかることも多々ありますが、常にお客様のことを第一に考えることを忘れず取り組んでいます。お客様からご要望やお問合せなど、直接お声をいただく機会が多いのですが、「この便を運行してくれて助かっている」「ドライバーさんの優しい丁寧な接客を受けて嬉しかった」など、お礼や感謝のお言葉をいただいたときには、この仕事をしていて良かった、頑張ってよかったと感じ、仕事のやりがいを実感しています。

入社3年目になると思いますが、入社前後のギャップをおしえてください。

幅広い分野の知識が必要になることがギャップでした。今の業務である「路線バス関連」を担当する前は、旅行営業を行なっていました。同じバスカンパニー内ではありますが、管理部門への異動であり、業務内容が変わることで覚えることも多かったです。そして、現在行なっている業務は、バスに限定しない法令や財務・労務の知識、デジタルツールについてなど、幅広い分野の知識が必要になります。自らの幅を決めずに、日々勉強を心掛け実践をしています。

お客様とも直接触れ合いながら仕事ができる点も魅力ですよね。そんな藤原さんが、両備で働く理由をおしえてください。

入社前に面談をした先輩の姿が生き生きとしていて、印象的だったことです。非常に楽しそうな仕事の様子を聞くことができ、自分もそうなりたいと感じました。実際に入社した今でも、温かく思いやりを持っている人ばかりで、私自身も楽しく仕事をすることができています。また両備はたくさんのグループ会社があるため、バスに限らず様々な職種の方と交流ができます。研修など交流の機会が多くあり、日々の業務では得られない、新たな発見や刺激があることも魅力の1つだと考えています。

最後に、学生の皆さんへメッセージをお願いします!

就職活動に対する不安もあるかと思います。一度きりの人生ですので、しっかりと芯を持ち後悔のない就活を行なってください。頑張ってください!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Onday Schedule
ある日のスケジュール

 8:45出社
メールチェックと本日のスケジュールを確認します。
10:00SNSの打合せ
両備バスのInstagramとFacebookについて、アカウント状況などの情報共有を行ない、次の投稿へ向けた準備をします。
 
 12:00昼休憩
外食がほとんどです。お店がたくさんあるので、毎日どこに行こうか悩みます…
13:00分析
路線バスのICカードのデータから、お客様の利用状況を把握し、分析を行ないます。また、このデータからお客様用の混雑状況も作成し、ホームページに掲載をしています。お客様にとって、利便性の高いバスになるよう心掛けています。
 
 15:00書類作成
ダイヤ改正の情報など、重要な書類を作成します。書類にミスがないよう、細心の注意を払いながら、業務を行ないます。
18:30退社
明日の準備やスケジュールを整理し、退社をします。
 

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます