PERSON
両備住宅株式会社
川上 巧
総合職(技術系) / 2019年入社

両備住宅に「まだ」という言葉はない。やる気があれば、2年目でも責任ある仕事に挑戦できる

川上さんは、入社2年目だとお聞きしました。もうすでに複数の現場を担当されているそうですが、率直に入社当時からくらべて、成長したなと感じていることをおしえてください。

入社当初は覚えることも多く、毎日与えられた仕事をこなしていくことが精一杯の状態でした。現在は複数の物件を担当することができるようになり、毎日様々な現場へ足を運びます。現場で職人さんとの打合せを一人でスムーズにこなせると、成長したなと感じます。

そんな川上さんが入社から今までで、一番困ったことや苦労したことはありましたか?

私が初めて施工管理をした現場で、経験不足や確認不足が原因で間違った図面を作成してしまい、工事が遅れてしまったことです。その時は上司や職人の方に協力してもらい、対応策を一緒に考えて、なんとか解決することができました。このとき、仕事を進める中で、周りに相談することの大切さや、周りには頼れる仲間や上司がいることに、改めて気づくことができました。

そんなことがあったのですね・・・でも、失敗してもまた挑戦できる風土は安心できますよね。他にも、ご自身の経験からの気づきや学びについて聞かせてください。

先程の経験から、日々何気なく業務を行なうのではなく、何か自分なりに「気づき」を見つけることを大切にするようになりました。自分が「気づき」を見つけることによって、それが「学び」に変わります。そのような視点をもつことで、今後同様の失敗をしない抑止力となり、また知識が増えていくため、自身の成長も実感できます。また、その気づきから、自ら考えて行動することも増えてきたと感じていますね。

たくさんの経験ができるからこそ、夢を持てる

自律的に行動する・・・できるようで、難しいことですよね。そんな川上さんが将来目指している夢を教えてください。

夢というほどではないですが・・・今後は、一級建築士や宅地建物取引士などの資格取得に挑戦したいです。自らの仕事の幅を広げるためにも資格は大切ですし、より責任をもって仕事に取り組んでいきたいと思っています。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

お客様の一生に一度のお買物のお手伝いをさせていただき、お客様の喜ばれる姿に接するたびに、我々も共に喜びを感じられる。そんな両備住宅で一緒に汗をかいて働きましょう!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Onday Schedule
ある日のスケジュール

 8:45出社
社内、会社周辺の清掃など、気持ちよく仕事を始めるために準備をします。
9:30現場確認と打ち合わせ
進行中の工事現場に行き、正しく工事ができているか確認をします。その後、資料を準備し、職人の方と現場にて打ち合わせを行ないます。
 
 12:00昼休憩
社外に出ているため、外食が多いです。現場に出ている時は、職人さんと一緒に弁当を食べたり、コミュニケーションをとっています。
14:00注文、見積もり依頼
現場に必要な材料の注文や、工事の見積もり依頼をします。また、工事をスムーズに進めていくために、職人さんの段取りを行ないます。
 
 16:00着工前挨拶
工事に着工する前に、近隣の方々のお宅を訪問しご挨拶をします。
18:00退社
日報記入・整理・翌日の仕事の準備・退社
 

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます