PERSON
両備ホールディングス株式会社 両備テクノモビリティーカンパニー
宗田 朋也
プロフェッショナル職 / 2018年入社

必要なのは「技術職になりたい」という想い

プロフェッショナル職とは具体的にどのような仕事なのでしょうか?

車とSOREX(ソレックス=両備テクノモビリティーのトレーラーブランド)で販売している車とトレーラーをつなぐための「ヒッチメンバー」という商品を、CADを使用して設計・作図を行なっています。車に詳しくなければいけないので、車に関しての勉強もしています。

設計が主な仕事なのですね。宗田さんは、学生時代から今のような知識を持たれていたのですか?

いえ、実はトレーラーに関しての知識が全くなかったため、知識を得ることが今までで一番大変でした。また入社するまでCADを使ったこともありませんでした。なので、入社後とにかく繰り返し実践をすることで、なんとか身につけていきました。上司の話を聞き、分からない箇所は質問し、実際に設計をすることで、必要知識も習得していきました。

経験や知識がなくてもチャレンジできる仕事なのですね。魅力ややりがいは何でしょうか?

自分の作った物が売れた時に、お客様のお役に立てていると実感できるところでしょうか。私が設計を担当している「ヒッチメンバー」という商品は、1車種ごとに形状が違うため、1車種ごとに測定し、制作をして販売をします。測定から制作まではとても難しいのですが、今まで身につけた技術や知識で商品を開発し、その商品が売れてお客様に届くと、「自分は役に立てているな」と感じることができます。

感謝の気持ちを常に胸に、日々勉強、日々成長、そして未来に向けての挑戦

日々仕事に向き合う中で気を付けていることはありますか?

お客様への感謝、上司や先輩社員への感謝、そして家族への感謝という「3つの感謝」の気持ちを持つことです。
お客様には、商品(サービス)を買っていただくことへの感謝です。上司や先輩社員の方々には、学ばせていただけていることへの感謝。そして家族には、今まで育ててくれたことや、支えてくれることへの感謝です。これらの感謝を忘れず日々仕事に向き合い、挑戦を続け成長したいと思っています。

宗田さんが両備で働く理由をおしえてください。

成長できる手段が多いからです。両備グループの経営方針の1つに、「社員の幸せ」というものがあります。両備グループでは、社員の幸せを掴むには、健康・能力・やる気が必要で、さらに夢があることでその幸せ度が増すとされています。両備では、自分で持った夢を叶えるために、能力を上げるサポート環境が整っていることがとても魅力的だと思います。検定取得や講座のサポートなどがありますので、自らが主体的に行動すればとても成長できる会社だと思っています。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

様々な職種、仕事を見て、自分がやりたい仕事を見つけましょう。就職することがゴールではなくスタートです。就職しやすい会社よりも就職した後で成長できる会社を選んだ方が、自分のためになると思います。頑張ってください!

Oneday Schedule
ある日のスケジュール

 8:10出社
メールチェックをします。
10:00案件の設計・検討
主にヒッチメンバーを設計します。他にもトレーラーなどの新たな図面の設計や修正、新規事業の検討などを行ないます。
また、必要があれば現場で作業も行ないます。
 
 12:00昼休憩
お弁当か、近くのうどん屋、ラーメン屋での外食が中心です。
14:00案件の設計・検討
午前中と仕事内容はほぼ同じ作業です。同じだからこそ、午前中よりも多くの仕事がこなせることを目指しています。
昨日よりも効率のよい作業をするなど目標を設定し、以前の作業との差をつけることで、仕事に集中することができています。
 
現場作業
現場の方の知識は膨大なので、困ったり分からないことが分からないままにせず、聞くことが重要です。そして、作業終わりには、「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えることも大切にしています。
 
 17:35退社
明日の準備を行ない退社をします。必要に応じて、残業を行なうこともあります。

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます