PERSON
両備ホールディングス株式会社 両備テクノモビリティーカンパニー
品川 恵斗
メカニック職 / 2020年入社

両備だからこそ得られる技術がある

大型車両の整備が多いと聞きますが、小型車両との違いや大変なところをおしえてください。

私は以前、乗用車の整備をしていました。乗用車と大型車両の違いは部品の大きさです。大型車両の部品の大きさには、慣れるまでとても苦労しました。大きいと部品の外し方が違いますし、やっとの思いで外したと思えば、とても重たくとにかく扱いに苦戦をしました。ただ、私はやっぱり車が大好きなので、好きな車に触れることで少しずつ慣れていきました。実に様々な特殊車両を取り扱っているため、知らないことが多いですが毎日の勉強で新しい知識が得られることが楽しくて仕方ありません。積極的に業務に取り組み、さらに知識を増やし技術を高めたいです。

日々仕事に向き合う中で、特に気を付けていることをおしえてください。

当たり前のことになってしまいますが、お客様に安全・安心に乗っていただくことです。これは、自動車整備士全員が、心掛けていることです。車はひとつ間違えば本当に危ないものです。それを安全に、そして安心してお客様にご乗車いただきたいと思っています。そのために、しっかりとした整備を行ないます。「不具合は起こさせない」という気持ちをいつも強く持ち、不具合での事故ゼロを目指しています。

プロフェッショナルな先輩に囲まれることで成長に繋がる

品川さんが入社をされてギャップを感じたことや、成長を感じることはありますか?

ギャップは良い意味でたくさんありますが、1つ挙げるとすれば、作業員個人の、整備に対する意識や姿勢がとても高く、そして非常にレベルの高い作業を行なっていると感じています。特殊な車両を扱い、ここでしか得られない知識や技術もたくさんあります。通常の整備の仕事では経験できない技術や、意識の高い先輩に囲まれ、日々たくさんの刺激をもらっています。そして、作業を任せてもらえるため、経験を積むことができ、作業にかかる時間が日に日に早くなっていることに、成長を実感しています。これからも更に作業スピードを上げて、今以上に大変でやりがいのある作業を任せてもらえるように頑張りたいです。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

今の時代はいろんな技術が発達し、様々な仕事がロボットなどの活躍により無くなっています。これは、10年20年経つと今よりももっとたくさんの仕事がなくなってくることも予想できます。ですが、自動車の整備は我々人間が見て触って聞いて感じて、僕たちの手でしか整備ができない仕事で、これからの時代にも誇れる仕事だと思っています。こんな時代だからこそ、手に職をつける仕事で、一緒に頑張っていきましょう!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Oneday Schedule
ある日のスケジュール

 7:45出社
作業のための準備をします。
8:30朝礼
今日一日の作業の流れを、班の全員でチェックをします。
 
 10:00車検作業
車両の車検整備や点検を、合間で休憩をとりながら行ないます。
12:00昼休憩
お弁当を持参しているので、休憩室などで食べています。
 
 14:00車検作業
主に、午前にやりかけている作業の続きをします。午後も、休憩を取りながら、集中して作業を行ないます。
17:35退社
作業日報を記入し、退社をします。
 

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます