PERSON
株式会社両備リソラ
上原 康徳
総合職(施工管理) / 2016年入社

成長のステップは、たくさんの現場経験

仕事の中でも、特に「安全」を意識して働いている印象がありますが、今まで大変だったエピソードをおしえてください。

コンクリートを使用する工事で、車が交通渋滞に巻き込まれ施工不良になりそうな事案がありました。コンクリートはミキサー車という特殊な車で、ドロドロな状態で工場から現場に届けられ、現場で型枠に流し込み固めます。ところがその運送ルートで事故が発生し、手はず通りのタイミングで届かなくなってしまいました。コンクリートの流し込みの作業は固まる前に次のコンクリートを流し込まなければならず、時間との勝負です。このままでは施工不良となってしまいます。まさに、アメリカのドラマ「24 TWENTY FOUR」ばりの「事件はリアルタイムで起こっている」状態です。すぐに上司に相談し、安全に走行できる迂回ルートと所要時間を確認し、コンクリート工場には出荷の間隔の変更を指示。どうにか、既定の時間内に流し込むことができました。

想像するだけで冷や汗がでます…そのような経験が、やはり成長をさせてくれるのでしょうか?

そうですね。管理者なので、判断も求められます。その分成長も早いと思います。他にもコミュニケーションの部分で成長したと感じています。入社前はほぼ同年代との付き合いしかありませんでしたが、入社をすると自分の親よりも年上の人と一緒に仕事をしなければなりません。また、施工管理の仕事ではそういった方々に指示を出さなければならない機会があります。管理者という立場上遠慮はしていられません。様々な人との交流が人間力、話す力を成長させてくれています。今後はさらに経験と技術を身につけ、施工管理技士の国家資格を取り、さらに大きな現場を任せてもらえるようになりたいと思っています。

定年後でも、自分の仕事の結果がカタチに残る仕事

仕事を通じて、社会貢献などを感じることはありますか?

携わる建築物は学校や病院、オフィスビルなど不特定多数の人が利用する建物が多いです。その建物の利用者は私が工事に携わっていたことは決して知りません。ただ、完成後の建物の前を通り、多くの人に利用されているのを見ると、「自分はその人たちの日常生活の場を作ったのだな」と感じます。その建物の中では新たな営みがあり、それらが社会に還元されていることを想像すると、社会に貢献でき、知らない誰かの役に立てていると感じることができます。

そんな上原さんのやりがいをおしえてください。

街にはまったく同じ建物はなく、その全てがオリジナルです。現場は毎回違いますし、建築場所の環境も様々です。そのため、今までの経験が役に立つ場合もありますが、役に立たない場合も多々あります。そういった場面に遭遇した時にどうやって解決するか、最善のアプローチ方法は何だろうか、プロセスはどうするのかを考える時に、やりがいや面白さを感じています。実行した結果がポジティブな結果であった場合はなおさらです。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

日本にはたくさんの会社がある中で、皆さんは1年に満たない限られた就職活動の中で、たった1つの会社を選ばなければなりません。選ぶ基準も、規模や業種、職種と様々あると思いますが、1つ言えることは、少しでも興味を持った会社があったなら「どんどんチャレンジすべきだ」ということです。もしかしたらイメージ以上に惹かれる会社があるかもしれないからです。そしてその中に「両備リソラ」が入っていたらとても嬉しく思います!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Onday Schedule
ある日のスケジュール

 8:15出社(現場に直行)
現場のチェック。現場に異常はないか確認します。
8:30全体朝礼、メールチェック
会社からの指示や協力会社様からの連絡はないかメールチェックをします。また、本日の作業内容と、品質・安全項目の確認をします。
 
 10:00場内パトロール
品質と安全の確認、工程進捗を確認します。
打ち合わせ。協力会社との打ち合わせをします。工期が遅れると、多くの人に迷惑がかかるばかりか、遅れを取り戻そうと無理な仕事が増えてしまうので、念入りに行ないます。
 書類作成
施工写真撮影、施工図作図、書類作成など、書類作成も施工管理職の仕事です。また、協力会社とのスケジュール調整も行ないます。無理な仕事は事故の誘発や、工事のクオリティも下げてしまいます。このようなことが起こらないようなスケジュールを調整していきます。
12:00昼食
ランチは午後からの仕事の活力!不思議と職人さん達はどこの店が安くてうまいかを知っていたりします。
その信憑性は食べログ以上!!社会人の基本、知り得た情報はすぐに上司や同僚に報告、そして相談して、お店にLet's goです!
 
 14:00場内パトロール
午前と同様、場内パトロール、品質確認、安全確認をします。建築現場において安全は最優先事項です。現場を確認し、危険な箇所がないかを調べたり、作業員の保護具は適正かどうかを確認します。
 整理整頓
整理整頓も大切です。現場が散らかっていると、思わぬ事故やケガの原因になります。万が一危ないところを見つけたら、全員に周知徹底を行なって事故を未然に防ぎます。
 片付け、日報作成
工程が終わった箇所から順次片付けをします。進捗状況と翌日の作業予定を確認し、作業日報を作成します。進捗状況によっては、業者さんと工程の調整を行ないます。
17:30退社
帰宅前に異常はないか、片付け忘れはないかもう一度現場をチェックし退社します。
 

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます