PERSON
両備グレースタクシー株式会社
板野 寛子
総合交通キャリア職・プロドライバー職 / 2015年入社

お客様の「ありがとう」を聞きたいから

両備グレースタクシーは女性だけのタクシー会社だとお聞きしました。どのような特徴があるのでしょうか?

私たちは、タクシーを通じてお客様におもてなしサービスを提供する「おもてなしスタッフ」として、仕事をしています。タクシー業界では、女性ドライバーの比率はわずか2.5%ですが、お客様からは、女性ならではのソフトできめ細かい対応を求めるニーズは高く、その声に応えるため、「おもてなし」を意識したサービスを心がけています。

タクシーでおもてなしとは素敵な響きですね。実際、仕事における違いや、女性ならではの特徴はありますか?

業界では類を見ない、日曜定休がまず大きな特徴ではないでしょうか。そして、日勤のみで深夜勤務がないのも特徴です。タクシーと聞くとお客様を探しながら、車を走らせるイメージがあるかもしれませんが、両備グレースタクシーは予約の仕事が9割以上を占めています。仕事がないのでは…?という不安もありません。子育て中でも安心して働けるよう、企業主導型保育園との利用提携を行なっているので、安心して長い間働き続けることができる環境が整っていると思います。

支えは、充実した研修と仲間の存在

そんな環境で働かれていて、板野さんが嬉しかったことややりがいを感じるのは、どのようなときでしょうか?

やはり、お客様からの「ありがとう」が一番のやりがいです。朝は、「ありがとう。今日はいい一日になりそう!」
とおっしゃっていただき、昼は、「ありがとう。病院で疲れたけど、元気をもらえたよ!」とお声をいただく。そして夕方には、「ありがとう。また明日も頑張ろうね」と声をかけていただける毎日です。お客様からたくさんの「ありがとう」を直接感じられることがとても魅力的で素敵な仕事です。

運転を仕事にする「不安」はなかったのでしょうか?

不安はありました。特に入社をする前は、タクシー乗務を仕事にすると全てのことを一人でこなさないといけないととても不安に思っていました。ですが実際は、同僚や先輩など助けてくれる人が思った以上にたくさんいることに驚きました。また、ゼロからのスタートだったので、運転・接客・地理などの業務知識・技能を身につけることも大変でした。特に地理はなかなか覚えることができず、くじけることもたくさんありましたが、充実した研修制度によるバックアップや、優しい先輩方に囲まれて相談することもできたため、自然と不安はなくなっていきました。

最後に、学生の皆さんへのメッセージをお願いします!

就職活動は不安なこと・くじけることがたくさんあると思いますが、自分と向き合うことができる大切な時間でもあります。「こんなことがしたい!」「挑戦したい!」という気持ちを大切にしてください。きっと素敵なご縁があるはずです。そして、そのご縁が両備グレースタクシーであればとても嬉しいです!

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます

Onday Schedule
ある日のスケジュール

 8:30出社
車の日常点検、アルコール・健康チェック。今日自分が運転する車に異常がないか毎朝点検をします。体温と血圧を測り、健康に問題がないか、また車を運転するので、酒気を帯びていないかもチェックします。
 乗務前点呼
朝礼のようなものです。運行管理者から運行上の注意点などの説明を受けます。
9:00タクシーの営業
タクシーセンターからの指示で、お客様のお迎えに伺います。また、呼び止めのお客様を探して、街の中をタクシーで走ることもあります。
 
 12:00休憩
休憩は運行の合間に自由に取ることができます。
お昼ご飯は外食してもいいし、持参したお弁当を営業所の休憩室で食べることもできます。
14:00タクシーの営業
午後も引き続きタクシーで営業します。
 
 17:30入庫
仕事を終えて営業所に戻ります。
 アルコールチェック、日報記入
営業所に帰ってきたらまずアルコールチェック。今日の運行内容の記録と、売上の計算をします。
 乗務後点呼
運行管理者に今日の運行内容について報告をします。
車の掃除。明日の営業に向けて、今日使った車をきれいに掃除します。
18:00退社
 

※所属表記、記事の内容は取材当時の内容に基づきます