事業概要

両備健康づくりセンターは、「両備グループハッピーライフプロジェクト」の健康づくりをサポートする機関として平成15年に設立されました。社員及びご家族の幸せな家庭と健康づくりのお手伝いを念頭に各事業の充実と拡大に取り組んでおります。

当センターでは、健康診断や人間ドック受診による積極的な病気の予防や、ウォーキングやスポーツを奨励して社員の健康維持・増進を図っております。また、各種企画や保養施設との契約により、健康で明るい生活をサポートしております。

今後もより一層の充実を目指しますので、両備グループ各社・社員の皆様の更なるご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

事業概要

両備健康づくりセンターの取り組みを紹介します。
健康増進に関する
取り組み
健康管理に関する
取り組み
契約施設他に
ついて
助成ルールに
ついて


健康増進に関する取り組み

1. 両備健康塾(9月~12月)

30歳以上の特定保健指導該当者のうち、特定保健指導未実施者・治療中の者以外を対象に、内臓脂肪型肥満をターゲットとして、心・血管系疾患の予防を目的とした指導をおこないます。

①健康セミナー:内蔵脂肪型肥満からの脱却のための講話と目標設定

②スリムアップ大作戦:10月~12月、3ヶ月間の専門スタッフによる減量支援

【体重3kg以上減量達成者 達成率】
2015年13.3%
2016年10.3%
2017年12.5%

2. 両備元気塾(10月~翌年1月)

30歳未満の方を対象とした、若年からの生活習慣改善による生活習慣病予防を目的に「社会人からの食育」・「運動習慣の定着」をテーマとする健康セミナーと減量支援をおこないます。

3. 両備ウォーキングキャンペーン(10月~11月)

健康増進やカロリーコントロールを図るウォーキングキャンペーンです。

「健脚コース」5名1組で、2ヶ月間、チーム全員で300万歩を目標とするコース。
目標達成チームには記念品が贈呈されます。
「一般コース」個人で2ヶ月間、1日5千歩を目標とするコース。
【健脚コース 達成率】
2015年チーム達成率 48.1%個人達成率 51.4%
2016年チーム達成率 50.6%個人達成率 53.3%
2017年チーム達成率 42.7%個人達成率 48.9%
【一般コース 達成率】
2015年 57.9%
2016年 61.5%
2017年 60.9%

4. 両備ウォーキングチャレンジ(12月~翌年9月)

ウォーキングキャンペーンから引き続き、毎日1万歩、1年間で360万歩を目標とします。
達成者には、記念品が贈呈されます。

5. 両備禁煙デーの実施(5/30・31と毎月22日)と両備禁煙コンテスト(6月~8月)

  • 「毎年5/30・31」、「毎月22日」を両備禁煙デーとして、終日職場内禁煙を実施しています。
  • タバコをやめたい方へ3ヶ月間、メールまたは封書での支援で完全禁煙のお手伝いをします。禁煙に成功された方には賞状と記念品が贈呈されます。
【禁煙コンテスト 達成率】
2015年 8.7%
2016年 15.3%
2017年 10.7%
※過去13年間の平均達成率 14.0%

6. 各社対抗ボウリング大会(6月・11月)

会社毎(1チーム4人)、団体戦・個人戦で順位を競います。

  • 関東地区のボウリング大会は別途計画。

7. 各社対抗ゴルフ大会(9月・3月)

会社毎(1チーム2人)、団体戦・個人戦で順位を競います。

  • 関東地区のゴルフ大会は別途計画。

8. 両備健康体操の推進

両備グループのCMソング「街は青春」のリズムに合わせた両備グループオリジナルの健康体操です。
職場での健康維持や肩こり・腰痛予防、または気分転換のためにも推進しています。

両備健康体操

9. オフィスでのエクササイズ「おふぃえく」

健康運動指導士を各社へ派遣し、朝・昼休み・休憩時間・夕方に簡単なエクササイズを実施しています。

10. 育児書などの贈呈

社員・配偶者が出産された場合、希望者には育児書(月刊)が一定期間無料でご自宅へ送付されます。また、社員・配偶者が妊娠された場合、希望者に「プレママの食事」の冊子をプレゼントいたします。それぞれ申込方法が異なりますので、各社健康推進員へお問合せください。

11. 健康づくりサークル活動への助成

両備グループの社員でつくる部・サークル活動の一環として大会への参加、または行事を行う場合が助成の対象となります。

  • 助成は同一サークルに年1回、1人につき一定額が助成されます。
  • 健康づくりに係る行事であって、社員(カード保有のOB含む)が10名以上(県外事業所は5名以上)参加するサークルの場合です。
  • 家族の参加及び会社、労組等の機関が主催して行う行事は助成対象となりません。
  • 助成を受ける場合は、所定の様式で事前に代表幹事の方より両備健康づくりセンターへの申請が必要です。

12. 健康ウォークイベント参加費の助成

両備バスフレンズパックが主催するウォークイベントに参加される方に参加費の一部が助成されます。

  • 開催:年間7回程度実施の予定ですが、詳細は開催決定後、会社を通じてご案内します。
  • 助成対象者:両備グループ社員証カード保持者・社員と同居家族・社員のご両親・配偶者のご両親で、社員を含め総勢5名までです。
  • 申し込み:窓口で両備グループ社員証カード等を提示して、ウォーク助成申込書に必要事項を記入し、参加費をお支払いください。お支払いは、現金のみで、バイ両備対象外です。

13. 両備健康プロジェクト(5月~12月スタート)

3ヶ月間、岡山県内のスポーツクラブ(3箇所)で個別指導を含む運動教室です。
対象は、両備グループ社員証カード保持者本人限定です。参加費の一部が助成されます。
募集など詳細は会社を通じてご案内します。

14. 両備グループ生活習慣等アンケート調査結果

両備グループ社員の生活習慣等を把握し、その結果を踏まえて、今後の食生活や運動習慣など生活習慣の改善に向けた取り組みを行うために実施しています。

<運動不足>

運動習慣がないと回答した割合
2017年 78.0%
※5年前 79.6%

<欠食>

1日3食 食べないと回答した割合
2017年 36.5%
※5年前 39.6%

<喫煙>

習慣的に喫煙する割合
2017年 全体 31.8% 男性 37.0%・女性 13.1%
※5年前 全体 36.5% 男性 41.6%・女性 13.7%

ページトップへ戻る

健康管理に関する取り組み

1. 定期健康診断の受診

年度内に1回必ず受診していただくことになっています。
労働安全衛生法に基づく健康診断の検査項目については、医師の判断がない限り省略できません。

2. 生活習慣病予防健診と両備ドックの受診費用の助成

35歳以上の社員の方は、自己負担を少なくし、全員「生活習慣病予防健診」を受診していただくことになっています。
助成対象の健診種類は、生活習慣病予防健診の「一般健診」と「付加健診(40歳と50歳のみ)」と、「両備ドック※」です。協会けんぽ補助後の自己負担額に対して更に助成されます。

  • 両備健康づくりセンターを通して協会けんぽへ申込みをした方に限り助成されます。
  • 岡山県内の契約健診機関の受診期間は原則12月~翌年3月上旬です。

※「両備ドック」とは、付加健診対象年齢以外で一般健診に「付加健診同等項目のみ」を自費追加する健診です。

3. オプション検査費用の助成

    〔乳がん・子宮頸がん検診〕

  • 20歳以上35歳未満の女性社員が、保険診療外で乳がん・子宮頸がん検診をそれそれ一種類ずつ受診した場合、 検査に要した費用の一部自己負担で受けられます。
  • 35歳以上の女性社員は、生活習慣病予防健診に乳がん・子宮頸がん検診をそれそれ一種類ずつ追加受診の場合、 協会けんぽの助成に加え、偶数・奇数年齢に関わらず検査に要した費用が全額助成されます。

※乳がん検診の乳房X線検査を乳腺超音波検査に変更の場合も助成対象になります。両方の検査を受診の場合は、超音波検査は全額自己負担になります。

    〔前立腺がん検査(PSA)〕

  • 50歳以上の男性社員が生活習慣病予防健診に前立腺がん検査(PSA)を追加受診の場合、 検査に要した費用が全額助成されます。

    〔胸部X線2方向〕

  • 両備ドック、付加健診に胸部X線2方向撮影を追加受診した場合、 検査に要した費用が全額助成されます。(※一般健診のみの場合は除く

    〔胃カメラ検査への変更〕

  • 両備ドックまたは、付加健診の受診で胃部レントゲン検査を胃部内視鏡検査(胃カメラ)に変更した場合に、胃部内視鏡検査費用が全額助成されます。(※一般健診での変更や、胃カメラのみの単独受診は除く)

4. 脳ドックなど頭部検査・PET-CT検査費用の助成

社員の方が保険診療外で頭部(脳ドック・MRI・MRA)検査、PET-CTがん検査を受診した場合、一定額を上限に費用が助成されます。

5. 配偶者「特定健康診査等」受診費用の助成

35歳以上の配偶者(扶養家族)の方が特定健康診査(40歳以上74歳まで)、または市区町村が行うがん検診、 その他人間ドック等を受診した場合、一定額を上限に費用が助成されます。

※複数の検査を受診された場合は、まとめて請求してください。助成金の請求は年度内ひとり一度限りです。

6. インフルエンザ予防接種費用の助成(10月~翌年1月接種対象)

交通・運輸の乗務担当社員、接客業の方は、全員予防接種を受けることになっています。

  • 助成対象は、社員、配偶者(カード保持者)、ハッピーライフカード保持者及び扶養家族で、一回目の接種に限り一定額が助成されます。
    ※職場での集団接種の対応が可能な場合もあります。(岡山県内で1箇所30名以上)別途各社健康推進員までご案内します。

7. 事業所巡回個別指導

保健師等による職場訪問にて、健診後の個人指導や、個人的な生活習慣等の健康相談をおこなっています。

ページトップへ戻る

契約施設他について

1. 岡山県内契約施設

※助成対象施設や助成額等の詳細は、「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」をご参照ください。

  • 宿泊の場合は、事前に施設へ予約してください。
  • 利用の申込みは、社員証カード・家族カード(顔写真有)・ハッピーライフカード・OBカードのいずれかを提示し、 施設に備え付けの「施設利用申込書」へ必要事項を記入してください。
  • 助成対象者は、社員証カード保持者・社員と同居家族・社員の両親・配偶者の両親で、社員を含め総勢5名までです。

2. 岡山県内カルチャー・スポーツクラブ

※助成対象施設や助成額等の詳細は、「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」をご参照ください。

  • 利用の申込みは、社員証カード・家族カード(顔写真有)・ハッピーライフカード・OBカードのいずれかを提示し、施設に備え付けの「施設利用申込書」へ必要事項を記入してください。
  • 助成対象者は、社員証カード保持者・社員と同居家族・社員の両親・配偶者の両親で、社員を含め総勢5名までです。

3. 岡山県外助成対象施設(事後精算)

※助成対象施設や助成額等の詳細は、「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」をご参照ください。

  • 助成対象者は、社員証カード保持者・社員と同居家族・社員の両親・配偶者の両親で、社員を含め総勢5名までです。

(助成利用方法について)

  • 助成対象の方が施設を利用する場合は、通常の利用料金を全額支払い、領収書(施設を利用した内訳が分かるもの)の交付を受けてください。
  • 施設を利用後、領収書と利用者全員の氏名・社員との続柄などを各社健康推進員へ提出してください。
  • 各社健康推進員より、「施設利用助成金請求書」に必要事項をご記入のうえ、領収書等を添付し両備健康づくりセンターへ助成金の請求をしてください。(利用月の翌月請求をお願いします。)

4. 心の健康相談室

悩みごと・困りごとの無料相談室です。秘密は厳守されますので、お気軽にご利用ください。

  • 全国に37ヶ所のカウンセリングルームと契約しています。(相談は予約制ですので、事前にお申し込みください。)

※カウンセリングルームの詳細は、「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」をご参照ください。

  • ご利用の相談料は、両備健康づくりセンターが全額助成しますので、無料です。
  • 両備グループ各社の社員、家族が利用できます。
  • ご利用の際には、健康保険証を持参してください。ご家族が代理で相談を受ける場合は、ご本人との関係が分かるものを持参してください。

5. スポーツクラブ(事後精算)

全国展開しているスポーツクラブの利用額の一部が助成されます。
※助成対象施設や助成額等の詳細は、「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」をご参照ください。

ページトップへ戻る

助成ルールについて

「両備グループ ハッピーライフ・プロジェクト サービスメニュー」の利用は、助成対象カードのいずれかのカード提示が必要です。 また、助成対象範囲及び助成対象人数については下記の通りです。
※助成対象やカード発行などご不明な点は、 各社健康推進員にお尋ねください。

助成対象カード
  • 両備グループ社員証カード
  • 両備グループ社員証カード家族カード(社員の配偶者:顔写真有のみ)
    ※顔写真の無いカードは、助成対象外カードです。サービスメニューには使えません。
  • ハッピーライフカード(社員の配偶者・社員の両親・配偶者の両親)
  • 両備グループOBカード(20年以上勤続の定年者)
    ※OBカードは、利用できる範囲が一部限られます。
助成対象範囲 社員本人・配偶者・社員と同居のご家族、社員の両親、社員配偶者の両親。
(両親に限り、同居でない場合も対象。)
助成対象人数 上記助成対象範囲のうち、社員を含め総勢5名まで。
家族内で複数枚のカードを所持している場合も、社員ひとりにつき上限5名は変わりません。
注意事項
  • 会社・団体の親睦旅行や、出張・研修・会議等での利用は、助成対象外です。
  • 社員割引・インターネット等、その他の割引との併用は受けられません。
  • 助成対象外の方(友人・知人・同居で無い親族が含まれている、または総勢6名以上など)の場合は、返金処理対象となりますので、ご注意ください。

ページトップへ戻る